アルミ鋳物とは

アルミ鋳物とは、アルミニウムを溶かして鋳型に流し込み、これを凝固させて製品にしたものを指します。溶かして流し込みを行うため、複雑な形や模様の製品を作ることが可能です。アルミ鋳物は大切なエンジン部品や自動車・バイクのホイールにも使われています。また、それだけでなく、医療器や他の機械の部品など様々なところでも使用されているでしょう。

アルミ鋳物の製造の流れ

金型

まずは原料のアルミニウムを溶解します

製品のもととなる元湯を作るために、返り材と鋳塊を入れて溶解します。また不純物を取り除くために、アルゴンガスが入った脱ガス装置を使用します。そして温度が720℃になったら、溶液を柄杓で汲み取り鋳型に注入します。

鋳型の型合わせを行います

注湯用の鋳型の型合わせを行いますが、鋳型には上下の型があります。その中央に中子と呼ばれるものをはめ込んで型を合わせます。上型にはアルミニウム溶解液を注ぐための湯口を開けておく必要があります。また上下の型には冷やし金と呼ばれるものをセットしておきます。

アルミニウム注入作業を行います

鋳型に溶解したアルミニウムを上型の湯口から注入して鋳込みを行います。そして鋳型の中で溶解したアルミニムを冷却及び凝固させます。注入してから10分ほどして鋳型のばらし作業を行い、アルミ鋳物の取り出しを行います。

仕上げの加工を行います

型から取り出したアルミ鋳物は、湯口など不要部分を切断・除去していきます。そしてグラインダーなどを使用して、仕上げ作業を行います。尚、アルミ鋳物業者によっては旋盤加工やフライス加工、ショットブラスト研磨やバレル研磨など、表面加工なども受け付けています。

アルミ鋳物の強み

アルミ鋳物のメリットとしては、鉄や銅よりも軽いということが挙げられます。また加工性に優れていることから様々な形に形成しやすく、様々な部品の材料にすることが可能です。更にアルミ鋳物は非磁性であることから、他の材料とは異なり電子機器に用いられることが多いです。不要になったアルミ鋳物はスクラップ再生が可能であることから、リサイクルしやすく環境に優しいという大きな強みがあります。

アルミ鋳物製造に関するQ&A

アルミ

アルミニウムは錆びますか?

アルミニムは鉄のように錆びることはありませんが、腐食することがあるので注意が必要です。

アルミニウムは他の金属よりも軽いのですか?

アルミニウムの比重は2.7です。一方鉄の比重は7.8、銅の比重は8.9であることから、アルミニウムは鉄や銅に比べると3分の1くらいの軽さです。そのため、色々な部品にアルミニウムが使われています。

試作を作ってもらうことは可能ですか?

ほとんどの業者で試作を作ってもらうことは可能ですが、まずは相談してみることをおすすめします。

加工性に優れたアルミ鋳物を活用しよう【専門業者へ注文】

アルミ

アルミ鋳物を製造する業者の選び方

アルミ鋳物製造業者を選ぶときは、業者の特徴をしっかり把握することが大切です。例えば色々なモデルタイプを必要としているならば、多品種少量生産を得意としている業者を選ぶと良いでしょう。また、とにかく早く製品を欲しいのであれば、スピードを重視しているアルミ鋳物製造業者がおすすめです。実績を重視するならば創業年数が古い業者であるほど、確かなアルミ鋳物製造技術をもっているといえます。

質の高い酸化チタンが買える専門店ならこちら!

白瀬鋼管株式会社

対応実績を事前に確認しよう♪ホーニング加工の専門業者☆

株式会社岡崎製作所

高品質な製品がネットで確認できますよ。電気ヒーター部品を販売中♪

株式会社 京都プラテック

部品作成の専門会社を探しているなら必見♪優良業者のプラスチック加工の方法を徹底リサーチ☆

株式会社ラントップ

質の高い製品が満載♪アクリル板を販売している店舗ならこちら☆